福井県と杉の木認証ふくい県産材トレーサビリティ

福井県木材組合連合会が実施する立木伐採の段階から建築工事まで、トレーサビリティシステムで様々な履歴を伝達管理しながら、品質の確かな信頼性のある合法木材として、認証ふくい県産材の必要な事項を定めています。

福井県木材トレーサビリティ認証制度

木材製品の新たな履歴管理の時代を築く

納品書の現物(原木&製品)を特定にする新たな合法木材が誕生しました。

木材証明に画期的なシステムを導入する

世界に1枚しかない認証ラベルを原木や製材品に貼り、使用後、認証ラベルを剥がして、持ち込まれた認証ラベルで産地などを証明します。

福井県初となる第三者機関の認証材を確立する

認定市場や認定製材工場が行うトレーサビリティを、 第三者機関の福井県木材組合連合会(認証ふくい県産材供給協議会)が証明を行います。

パンフレット

県産材の証明

認証ふくい県産材供給事業者申請書について

認証ふくい県産材供給事業者申請書(様式13号)

ページトップへ